医学部再受験の合格請負い人

再受験生は医学部予備校を選ぶことが合格への最短ルート


過去に医学部受験に失敗して諦めきれない人、社会に出てから医師という職業に魅力を感じた人など、再受験で合格を目指す人が多いのが医学部受験の特徴です。

しかし、医学部入試は超難関で高度な学力が要求されるため、多くの再受験生は合格を叶わないという現実もあります。

そんな医学部再受験生は少しでも合格の可能性を高めるために必要なことは何なのかを解説していきましょう。

独学をしないこと

多くの医学部再受験生は予備校の授業料を節約するために、市販の参考書を購入して受験対策をしています。

旧帝大卒の高学歴の再受験生なら独学でも医学部入試に合格することが可能ですが、それ以外の場合は非常に厳しいと言わざるを得ません。

現役生だって予備校に通いながら対策を行っているのに、勉強に遅れを取っている再受験生が独学でそれ以上の学習効果をあげるのは非常に困難です。

予備校に通う費用を負担できないのであれば、医学部再受験自体が現実的ではありません。

何年もかかって勉強すれば合格できるかもしれませんが、確率的には非常に低く、リスクが高過ぎます。

失敗した際のリスクを考慮して医学部再受験を挑戦することを再度考え直した方が良いでしょう。

大手予備校を安易に選ばない

医学部再受験生で予備校に通っている人の多くは駿台や河合塾といった大手進学予備校の場合が多いです。

大手は優秀な講師陣がいるのはもちろん、校舎が沢山あるので通学しやすいなどメリットが多いですが、一番の理由は学費でしょう。

大手予備校は学費が安く、単科講座で必要な科目だけ揃えればもっと費用負担を抑えることが可能です。

しかし、大手予備校は生徒数が多いため、サポートは手厚いとは言えません。

講師に質問するのにも列に並ぶ必要があるなど効率が悪く、不明点が多い再受験生にとっては知識の消化不良に陥りやすいです。

学費が安いからと安易に大手予備校に通うことだけは止めましょう。

医学部予備校を選択肢に入れること

再受験生の場合、学費が高いからと医学部予備校を最初から敬遠している人が多いです。

しかし、実は医学部予備校は再受験生が合格できる最も理想的な学習環境と言えます。

理由は、徹底した学習管理と手厚いサポート体制があるため、短期間で学力を伸ばしやすいからです。

大手のような放任主義ではなく、日々の学習状況を徹底管理され、必要な課題やフォローが適宜受けられます。

また、講師との距離が近いのでいつでも質問できるのはもちろん、講師は生徒一人ひとりの学力や性格に応じて指導を提供。

したがって、毎日医学部予備校に通って勉強していれば、自然と学力は上がっていくのです。

学費は確かに高額ですが、医学部再受験はそれなりの投資がないと、難関入試を合格するのは困難だということになります。

普通に勉強して合格できるほど、再受験生にとって医学部合格は簡単ではありません。

本気で合格したいのなら、医学部予備校のことをまずは知って、候補に入れることから始めることをおすすめします。

page top